リフレクソロジー

rphz5fip.pngリフレクソロジーとは足の裏や手の平、耳などの全身の反射区と呼ばれるツボが集中している部分を刺激して、肩の凝りや身体の冷えやむくみを改善し、新陳代謝を高める効果があります。リフレクソロジーの歴史も古く、古代エジプト時代からあったとも言われています。
このリフレクソロジーは西洋式というのと東洋式というのがあり、西洋式というのは指の腹を使いソフトな刺激のマッサージで、また東洋式というのは指の関節や棒などを使い、力強く刺激のするマッサージと言われています。このどちらもアメリカの医師が発見したゾーン・セラピーという、身体の一部分に刺激を与えると離れた身体の部分にも効果がある、という理論を基礎としています。このゾーン・テラピーの考えと同じように行っているものを西洋式と言い、ゾーン・テラピーに東洋医学や技術など取り入れたものを東洋式と言います。
日本では英国式や台湾式というのが有名です。この英国式というのは西洋式を改良し日本人に合わせた技術を取り入れたと言われています。
痛みの少ない西洋式では、足を優しく揉むことで、施術の間に気持ち良くて眠ってしまうくらいのリラックスできるため、ストレスの軽減の効果、また自然治癒力を高める効果、血液やリンパの流れが良くなる効果、ホルモンバランスが良くなる効果があると言われています。
東洋式では、西洋式より身体の働きを正常に戻すことを目的にしていることが多く、病気や持病の回復に役立つとも言われています。ただ、このリフレクソロジーは医療行為ではなく、自然治癒力を高めて改善するための療法ということを忘れてはいけません。

このブログ記事について

このページは、Iwahanaが2014年3月 1日 09:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嬉しいサービスが満載の消費者金融からの借り入れ」です。

次のブログ記事は「産毛にも効果的な脱毛方法とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7