2014年3月アーカイブ

gv32f94i.png妊娠していても、ムダ毛が生えてきてしまうのは困るということは変わりません。しかし、医療脱毛をすることができないので、気を付けましょう。クリニックへ行っても断られてしまうはずです。

どうしてできないのかというと、通常の体とは違い、ホルモンバランスが変わってしまいます。そのことで、良く食べ物の好みが変わってしまうのですが、他にも変わることはいろいろとあるのです。これまで全く問題がなかったことなのに、ホルモンバランスが変わったことで肌が敏感になってしまうということも珍しいことではありません。むしろ、肌が敏感になってしまう人は多いのです。

以前から医療脱毛をしており、特に問題がなかったという人であっても、体が変わっているので肌が敏感になってしまい、何かトラブルが起こってしまうことも十分に考えられます。赤ちゃんに何か医療脱毛の影響が起こることは考えにくいのですが、母親の皮膚に問題が起こる可能性は高いのです。

ムダ毛の処理をしたいという気持ちはわかるのですが、妊娠中の体は通常時とはかなり変わっているので、医療脱毛はできないということです。出産した後に、生理が何度か終わってから施術できるということが多いのです。
http://xn--2ck9csa7244az9fvv8e.com/

産毛にも効果的な脱毛方法とは

2dqzkvzi.png近年主流となっている脱毛技術としてはレーザー方式やフラッシュ方式が代表的で、どちらも永久脱毛にとても効果的な方法となっています。
しかし、これらは主に毛の黒い色素に対して反応する事で発毛組織を破壊する方法となるので、産毛のような色が薄く細かい毛を脱毛する事は困難と言われています。
つまり、これらの施術を完璧に受けたとしても産毛が残ってしまう可能性は高いので、別途対策を行っていく事が大切になります。
産毛は顔など比較的皮膚の弱い箇所に多い傾向がある為、自分で手入れを行う際には十分な注意が必要です。
自分で手入れを行う際に毛抜きを用いてしまうと毛穴に雑菌が入る危険性を伴う事から、小さなハサミなどを使用して念入りにカットしていくのが最も安全な方法となります。
時間が掛かるからと言って間違った手入れを選択すると、肌荒れだけでなく敏感肌を招く可能性が生じてしまいます。
また、近年では色が薄く細い毛にも効果を発揮するような脱毛機器を導入している施設が存在するので、頻繁な手入れが面倒に感じる人はこれらを利用するのも有効な選択肢と言えます。
基本的には顔専用の脱毛プランを選択可能な施設かどうかが、産毛に対する脱毛を期待できる基準となってきます。

リフレクソロジー

rphz5fip.pngリフレクソロジーとは足の裏や手の平、耳などの全身の反射区と呼ばれるツボが集中している部分を刺激して、肩の凝りや身体の冷えやむくみを改善し、新陳代謝を高める効果があります。リフレクソロジーの歴史も古く、古代エジプト時代からあったとも言われています。
このリフレクソロジーは西洋式というのと東洋式というのがあり、西洋式というのは指の腹を使いソフトな刺激のマッサージで、また東洋式というのは指の関節や棒などを使い、力強く刺激のするマッサージと言われています。このどちらもアメリカの医師が発見したゾーン・セラピーという、身体の一部分に刺激を与えると離れた身体の部分にも効果がある、という理論を基礎としています。このゾーン・テラピーの考えと同じように行っているものを西洋式と言い、ゾーン・テラピーに東洋医学や技術など取り入れたものを東洋式と言います。
日本では英国式や台湾式というのが有名です。この英国式というのは西洋式を改良し日本人に合わせた技術を取り入れたと言われています。
痛みの少ない西洋式では、足を優しく揉むことで、施術の間に気持ち良くて眠ってしまうくらいのリラックスできるため、ストレスの軽減の効果、また自然治癒力を高める効果、血液やリンパの流れが良くなる効果、ホルモンバランスが良くなる効果があると言われています。
東洋式では、西洋式より身体の働きを正常に戻すことを目的にしていることが多く、病気や持病の回復に役立つとも言われています。ただ、このリフレクソロジーは医療行為ではなく、自然治癒力を高めて改善するための療法ということを忘れてはいけません。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7